ないさいむや

 過払金請求とは、法律により定められた利息よりも はるかに高い利率を払い続けたため『支払い過ぎたお金』を返してもらう手続きです。
 任意整理・個人再生・自己破産の債務整理手続を進めていく上で、払い過ぎていたお金(過払金)が発生していることが発覚する場合があります。
 借金を帳消しにし、払ったお金を取り返せるものです
『過払い金』が出るか出ないかは債務整理の手続きを進めて いくと判明します。

過払いが発生している可能性が高い方

■借金をすべて返済し終わった方
■借入期間が5年以上の方
■利息が20%以上の方
■毎月継続して返済されている方

グレーゾーンの仕組み

借金の返済時、『利息』をチェックして返済していますか? 20%を超える利息設定になっている場合は要注意です。『利息制限法』という法律に違反している可能性が高いです。
高金利貸し金業者である町金融や闇金融、商工ローンなどが大変高い金利でお金を貸していることは一般に知られています。

しかしながら、 CMなどで宣伝されている登録貸金業者(消費者金融やサラ金や信販ローン、クレジット 会社)も実は利怠制限法に違反して貸し出しを行なっている場合があります。
真面目に請求された金額を返済していた場合、債務整理主手続をすることで、かなりの確率で借金の 大幅な減額や過払い金を取り戻すことができます。